牛革ランドセルのお手入れ方法|牛革の手作りランドセルの魅力を知ろう

牛革ランドセルのお手入れ方法

子供たち

お手入れ方法を学ぼう

最近のランドセルは、天然素材でもお手入れにこだわらなくても大丈夫な商品も多いです。しかし、男の子が6年間良い状態で使用できるように、最低限のお手入れ方法は知っておきましょう。お手入れを定期的にすることで、ランドセルの高級感が保たれます。

以前のランドセルに比べて楽になってきている

牛革ランドセルの加工方法の変化などにより、牛革ランドセルのお手入れも以前ほど神経質にならなくても済むようになりました。ときどき簡単なお手入れをするだけでよいのです。

表面がコーティングされているランドセル

高級ランドセルの中には、表面がコーティングされているものもあります。そういったランドセルはクリーナーを使用せずに乾拭きだけで大丈夫なものもありますので、お手入れ方法を確認しておきましょう。

男の子のランドセルは特に手入れが大事

外で元気に走り回る男の子のランドセルは壊れやすいため、状態をよりしっかり見極めて手入れをしてあげたほうがよいでしょう。そうすれば、高学年になってからも本来の美しい形を保つことができます。

カビに注意

牛革ランドセルの場合は、カビに注意が必要です。もちろん以前のものに比べると防カビ仕様のものが多いのですが、それでも保管場所などには注意が必要です。風通しのよい場所へ置くということと、使わない時は乾燥剤を中へ入れておくということは忘れないでください。

愛情を持ってランドセルに接する

牛革ランドセルは天然素材なので、丁寧に手入れをすればするほど状態が良くなります。子どもだけでなく、大人も一緒になって丁寧に手入れをしてあげましょう。

牛革ランドセルのお手入れについてのQ&A

毎日手入れしないといけないの?

毎日毎日手入れをしなくてはいけないというわけではないですが、少しでも汚れがついていればその都度柔らかい布で拭いてあげましょう。汚れを残しておくことが牛革ランドセルの劣化に繋がってしまいます。

革製品のワックスを使えば問題ない?

もちろん革製品のワックスで大丈夫なものもありますが、牛革ランドセルの加工方法や作りによってお手入れ方法が異なるので、取り扱い方法を必ず読んでおきましょう。革製品のワックスを使用しない方がいい商品もあります。

子どもにやらせた方がいい?

革製品のお手入れは大人でも難しいです。低学年の子どもにやらせるのであれば、汚れを布で拭くということだけお願いして、細かいお手入れは大人がしてあげたほうがいいです。子どもが高学年になってからは、教えながら一緒にやってみてもよいでしょう。

牛革ランドセルのお手入れの基本

雨に濡れたらすぐに拭く

一番の基本ですがとても大切なことです。ランドセルだけでなく、革製品は水を吸ってしまうと形状が変わってしまいます。雨に濡れたらすぐに拭いてあげましょう。最近の牛革ランドセルは加工方法により、水により強くなってきているので、それほど敏感になる必要はありません。濡れている状態が長く続かなければ大丈夫です。

防水ワックス

防水ワックスをときどき塗り、雨に濡れても水が素材の表面で弾かれるようにすることも大事です。防水ワックスにはいろいろなタイプがありますので、ランドセルを購入する際にどのようなワックスを使えばよいか確認しておきましょう。

革製品専用のクリーナー

汚れがついてしまった場合、基本的に革製品専用のクリーナで汚れを落としていきます。男の子はランドセルを汚してしまうことも多いので、ひと月に一回はクリーナで拭いてあげたほうがよいです。

皮革油

皮革油という革製品専用のお手入れ製品がありますので、2~3ヶ月に一度皮革油を馴染ませた布で拭いてあげると、牛革が持つ柔らかさを保つことができます。こちらも購入前にどんな皮革油を使えばよいか確認しておきましょう。

広告募集中